最後にピュアシシリーとイヴァールの新データを各まとめ記事に反映させました、長らくのご愛顧ありがとうございましたー!

キャラ性能紹介 暴禍なるアデル

基本情報
名前 暴禍なるアデル 得意武器
タイプ 人間/男性 入手 召喚/★4
潜在 ルーク
メイン魔ビ
「呪われし力」パーティの潜在タイプ[ルーク]のキャラの基礎パラメータ+18%
初期パラメータ
HP ATK DEF INT RES SPD
145 50 38 28 30 52
初期WM上限Lv
7 10 5 4 3 5 2
属性耐性
75% -25% 10% 10%
状態異常耐性
25% 75% 75% 25%
魔改造
回数 効果
1 サブ魔ビ
「抑えられぬ激情」
ターン開始時、ATKバフ効果を受けている場合、自分が与える全てのダメージ+60%
2 基礎パラメータ+40%
3 魔改造技
「暴禍炎獄哮」
範囲:敵単体 依存:ATK 属性:炎 威力:S
SP:70 効果:クリティカル時の技威力+10%
4 基礎パラメータ+10%
5 サブ魔ビ
「無明の暴虐」
ターン終了時、敵キャラを倒していたらHP以外の基礎パラメータ+35%(2ターン)
6 基礎パラメータ+40%
7 サブ魔ビ
「終わりなき悪夢」
ターン開始時、体力が満タンの場合、自分のSP+15
8~10 基礎パラメータ+10%
11 固有技の消費SP-2
12 炎耐性の強化+10%
13 ATK+12%
14 HP・DEF・RES+12%
15 基礎パラメータ+20%

固有技

潜在能力
固有技強化 パラメータ強化
2 アントロポファジー
威力UP
1 ATK+10%
3 HP+20%
4 炎影炎舞
HP以外の基礎パラメータ-5%、SPD-5%追加
5 SP+5
6 SPD+1
9 暴禍炎獄哮
SP-5
7 DEF+5%
8 RES+5%
  10 基礎パラメータ+10%

魔法技

寸評
※カタログスペックを見た上での主観です
第16弾となるフェス限定キャラ。
クリチェフスコイ・堕天獄フロンに並ぶ超高ATKが特長です。
自己ATKバフ量が少なく感じるものの、固有技の「アントロポファジー」でサブ魔ビを全て発動させやすくなり、加えてこの技は敵を倒せば連続攻撃が可能なのでサブ魔ビ②の自己バフも重ねやすくなります。
レイドの場合取り巻きを1体ずつ倒すのは面倒ですが、バフ量確保の為に手動操作を心がけたいですね。
炎アタッカーとして充分活躍できる性能です。
固有技「炎影炎舞」も興味深い技で、敵全体の攻撃・守備・SPDデバフを高い水準で付与できます。
現状はまだ活躍できそうな場面は少ないですが、全体デバフは希少で、今後の高難易度コンテンツで刺さる可能性が有り、将来性にも期待が持てますね。
コンテンツによって炎アタッカーとデバフ役を使い分けましょう。