12/6(月)20:00~最凶情報局(タップでチャンネルに飛びます)
スポンサーリンク

【ディスガイアRPG】サンタさん、私に天使兵女を!

雑記

こんにちは、セリオンです。
今回は天使兵女について語っていきます。
ちょっと天使兵女だと長いので、天女と略しましょう。
いやでも天女だとなんか女神っぽいかな…いやでも彼女は女神なのかもしれない。。

 

天使兵女の詳しいステータスは詳細ページをご確認ください。
私が彼女を欲する理由はただ一つ。
サブ魔ビ①の「ターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのSP+10」が優秀だからです。

以前にSP補助ができるキャラをまとめましたが、その時は軽い紹介だけで終わってしまったんですよね。

【ディスガイアRPG】SP補助まとめ
こんにちは、セリオンです。 強力な技をバシバシ撃ちたい、もうちょっとSPがあれば勝てた、誰しもがそんな思いを抱いた事が有るはず! というわけで今回は「SP補助ができるキャラ」をまとめていきます。 SP補助の魔ビは主に2つの...

この記事は結構アクセスが多く、皆さんのSPに対する関心の高さが伺えます。
というわけで今回はSPの基礎情報と天使兵女の実戦での使い方について書いていきます。

 

まずはSPの基礎情報からです。
SPとはコマンド技の発動に必要なポイントの事ですね。
SPの増やし方をまとめると以下の4点。
・戦闘開始時に一律+20SP
・各キャラのターン開始時に+10SP
・連携参加時に参加人数に応じて+2~5SP
・魔ビリティ等による補助
増やす手段が割と乏しく、SP70や90消費するような大技を撃つ前に戦闘が終わってしまうなんて事もしばしば…。
だから魔ビリティによる補助が重要となるわけですね。

それでは次に天使兵女のSP補助魔ビについて見ていきます。
「ターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのSP+10」
言い換えると、天使兵女の次に行動する味方キャラのSP+10という事になります。
つまりその味方キャラは毎ターンSPが20回復する事に!
20ですよ!
毎ターンSP20ですよ!
これがどういう事なのか、私のデスコの全体攻撃で見てみましょう。

現在は消費SP21ですが、デスコの前に天使兵女を行動させる事でSPが20回復できるので、実質減少するSPはたったの「1」になりますね♪
3連発どころか20連発も可能となります。
技Lvが上がって消費SP20になれば・・・じゅるり。
天使兵女の便利さがお分かりいただけましたでしょうか。

 

さらにこの魔ビは他のSP補助魔ビと効果が重複します。
例えばロザリー。

サブ魔ビ②の効果が「ターン開始時、銃武器装備キャラのSP+10」ですが、このサブ魔ビを習得し、銃を装備し、改1天使兵女の次に行動するよう速度調節すれば毎ターンのSP回復量が30となります!
ここまで来ると別ゲー感覚になりそうですねw
運営さん早くロザリーをATKキャラにしてください<(_ _)>

天使兵女マジ天使。
組ませたいキャラは本当に無限大ですね。。
私は全体攻撃技持ちのデスコや魔法使い・ノエルあたりと組ませたいのですが、私の手持ちで最凶コンビになりそうなのはやはり教授でしょうか。

教授の固有技が優秀なのはSP補助の記事で紹介済みですが、天使兵女と組ませると最初の3ターンで得られる合計SPが80になるので、

技Lvを上げて消費SPを26まで下げられれば念願の3連発が可能となります♪
改0で3連発は大きい!
これならアイテム界もサクサクですね!
コンビ結成には時間がかかりそうなので、先にイメージ画像だけでも作っておきますか。

 

立ち並ぶと格好良いですねー!
来年はこのコンビで暴れたい!(`・ω・´)

 

さて最後に天使兵女の実戦での使い方です。
まずは準備が重要ですね。
SPを補助したいキャラよりも早く行動する必要があるので、速度調節はしっかりしましょう。
装備の中でSPDを上げられるのは武器だと拳・銃、防具だとくつ・秘宝になります。
天使兵女に火力は求めていないので、装備はSPD優先で組みましょ。
パーティ内のSPD順位を天使兵女が1位、SP補助を受けたいキャラを2位にすると分かりやすいですね。

実戦で天使兵女がやる事は特になく、ただ通常攻撃していればOK。
ここもまた便利なポイントなんですよね♪
魔改造して速度調節すればLv1でも即戦力(`・ω・´)
初心者さんにもお勧めしやすいキャラと言えますね。

 

以上、天使兵女の特集記事でした。
汎用性も高く、普通にリセマラ候補に挙げても良いキャラですね。
私はとりあえず最初の1体を引きたいw
サンタクロースが届けてくれなかったら初詣の願い事が一つ増える事になりそうです。。

それでは今日はこのへんで(`・ω・´)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました