12/6(月)20:00~最凶情報局(タップでチャンネルに飛びます)
スポンサーリンク

【ディスガイアRPG】シュセンドル 性能チェック!【追記有り】

雑記

こんにちは、セリオンです。
今回は新キャラ「シュセンドル」の性能をチェックしていきます。
なんかもう名前からしてゼニスキーと気が合いそうですねw
アルティナやセラに続いて、ディスガイアにまた新たなお金キャラが生まれたようです。
早速性能を見ていきましょー。

 


得意武器は剣。
とても剣で攻撃するような体形に見えないので、ちょっと違和感が残ります。
斧とかハンマーとか似合いそうw
パラメータは突出した点は無く、ごくごく平均的。
アタッカーとしてはちょっと厳しそうですね。

 

続いて魔ビリティ見ていきましょう。
まずはメイン魔ビ。
「勇者に栄光を!」
パーティの剣武器装備キャラのATK・HP+16%
ATKだけでなくHPも上がるのは嬉しいですが、サポーターにはSPDの上がる武器を装備させる事が多いので、パーティ全員が恩恵を受ける機会は少なそうです。
まぁ、剣アタッカーがより強くなるという事で。

次にサブ魔ビです。
①:戦闘開始時、自分のATK・RES+30%(3ターン)
短期戦向けの自己バフですね。
3ターン継続なので、以降は火力が落ちる点に注意です。
メイン魔ビと合わせるとまずまずの高水準になってきましたね~。
もしやアタッカーとしていけるのでは??
②:アイテム界でドロップする宝箱が1つ増加する確率+20%(議題キャンペーン等のドロップ率増加効果を受けない)
何これ新しい!!
というか説明が長い!w
まずは既存の「ドロップ率アップ系」との違いをハッキリさせましょ。

彼らが習得するドロップ率アップは、宝箱をドロップする確率を上げる効果です。
アイテム界の場合だと、ボス討伐時の宝箱ドロップ率がアップ、つまり宝箱を「0→1」にしてくれる効果ですね。
一方このサブ魔ビは、宝箱ドロップ時に20%の確率で宝箱が1つ増えるという効果。
つまり宝箱を「1→2」にしてくれるという事です。
逆に言うと、まず宝箱がドロップしてくれないと、この魔ビも発動しないと…。
うーん、ちょっと微妙に感じてきました。
でも、

この魔ビの効果は重複するので、改5シュセンドルを5人並べた編成でドロップ抽選に当たったら、必ず2個ドロップになるようですね♪
考察は長くなりそうなので、最後にまとめたいと思います。
※追記
実質的に挙動が修正、説明文も修正されました。

通常のドロップとは別にドロップ判定が行われ、その当選確率が+20%という効果になりました。
この魔ビも「0→1」になるという事ですね。
改5x5人で宝箱1個確定となります。
③:自分の消費SP-12%
嬉しいSP自己補助ですね。
どんな技や魔法を習得するかまだ見てないので、この魔ビの評価も後ほどで。

 

魔ビ群はサブ魔ビ②が異彩を放ってますね。
ひとまずアイテム界がメインの仕事場になりそうですw
では続いて固有技を見ていきましょー。

低SP全体技と、威力S技ですね。
アイテム界でS技を撃つ機会はほぼ無いので、SP自己補助魔ビは噛み合わなさそうですw

 

魔改造で習得する技はこちら。
「ひかりあれ!」
敵全体 ATK 属性:なし 威力C 効果:DEF+30%、味方デバフ効果を微減 SP90
SPの重い全体攻撃技ですね。
デバフ半減可能キャラが増えてる中、微減ではだいぶ物足りなく感じてしまいます。
まぁこちらもアイテム界で撃つ機会は少ないでしょう。

 

習得魔法はこちら。

ATKバフにRESバフ。
さらに単体HP回復と状態異常回復ですか。
結構器用ですね(´▽`*)

 

 

では最後に総評です。
サブ魔ビ②以外を評価すると、アタッカーとしてもサポーターとしても中途半端。
SP自己補助がこれほど噛み合わないキャラも珍しいですw
他に代用の効くキャラはいくらでもいるので、コンテンツ攻略の為にシュセンドルを育てる必要は無さそうです。
ただ、宝箱増加率+20%は誰にも無いオンリーワンの効果なので、ここに需要を感じたら召喚でお迎え、逆に需要を感じなかったらスルーという感じで見極めたいですね。

この宝箱増加をどう捉えるかは人それぞれなので、正解・不正解という括り方は避けておきましょう。
あくまで私の所感を述べさせていただきます。
まぁこのブログは全て私の所感ですがw

 

※追記
効果が変わったので、以下の黒字の文章は過去のお話となりました。
全て無視してくださいw

改5x5人を揃えられればボスから確定ドロップ、運が良ければ2個ドロップとなるので、装備の供給量は跳ね上がる事でしょう。
改5x2~3人でも充分その威力を体感できそうです。
長く遊ぶなら確保しておきたいキャラと言えそうですね。
超優秀!

まず考えたいのは、そもそも宝箱は増えるのかという点について。
つまりは

ドロップアップx5人と

シュセンドルx5人でどっちが宝箱を多くゲットできるかという事ですね。
ここに関しては数字に弱い私には分かりません!
なんか混成の方がバランス良さそう?
私が運営プロデューサーだったらここで「比べてみた」動画を公式にアップして販売促進を狙うのですが、ゲーム業界ってそういう事をしてはダメなんですかねw
まぁでも宝箱が増えないと実装する意味は無いですから、ちゃんと増えるのでしょう。
増える前提で話を進めましょ。

 

宝箱増加のメリットは装備の供給が増える事。
供給が増えるとアイテム界で周りきれなくなるので、余った装備は売却ですね。
この売却益でかなり儲かりそうです♪
また、装備が増えるとイノセントも多く入手できますね。
高レアイノセントもその分入手しやすくなるので、イノセントを集めてる方にも需要は有りそうです。
また、装備ランク更新時にスタートダッシュできるという見方もできそうですが、本家もランク40で止まりがちなのでRPG版もランク40のまま当分は動かないのではと予想します。
ここはちょっと期待薄ですね。

というわけで宝箱増加は金策やイノセント収集効率に良い影響を与えそうです。
ここに需要を感じた方は、あとはコストと折り合いをつけるだけですね。
私はイノセントをもっと集めたいので宝箱増加には魅力を感じています。
でも改5がシンドイですね……。
メインキャラの魔改造さえ停滞してるので、アイテム界専属キャラに投資しようという気にはなれません。
石も無いし、今回はパスしようと思います。

石はビーコちゃんに使い切ったのだ!

 

ちなみに私のアイテム界周回パはこんな感じ。

引率x1・育成x1・ドロップ率アップx3ですね。
これだと供給ペースはマイナスで、体感だとコモン10個周回してドロップ7~8個といった感じです。
でも精錬すればまた周回できるので、装備の供給が尽きる事はありません。
高レアイノセント収集はちょっと名残惜しいですが、「防衛戦」のようにイノセント関連の新コンテンツもできましたし、運営さんもイノセント強化・装備強化のマゾさを緩和させようという気は有るようですw
そこに甘えつつ今後もマイペースに育てていくとします。

 

最後に初心者さんがシュセンドルをお迎えした場合の育成について。
最終的にはアイテム界の引率役になれるよう育てたいですね。
武器は剣、低火力なのでなるべく強い剣を持たせてあげましょ。
技Lvを上げて「超魔流の儀」を進めれば全体攻撃3連発が可能になります。
あとは改5、ここまでが育成の最低条件ですね。

本当につい最近始められた方は他に優先して育てるべきキャラが多くいると思うので、シュセンドルの育成(抜け殻投資)は後回しにしましょう。
メインで使うアタッカーやサポーターの育成が終わってからでも充分です。

シュセンドルを取ろうか迷ってる方もいらっしゃるかもしれませんね。
個人的には「パス」で良いと思います。
アイテム界以外ではほぼ活躍できないので、汎用性はかなり低め。
その割に本格運用には改5が必須なので、育成コストも重めです。
慎重に検討しましょ!

 

以上、シュセンドルの性能チェックでした。
一番の違和感は、シュセンドルなのにHLアップが無い事ですねw
サブ魔ビ③はHLアップで良かったように思います。

それではこのへんで(`・ω・´)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました