12/6(月)20:00~最凶情報局(タップでチャンネルに飛びます)
スポンサーリンク

【ディスガイアRPG】シードル 性能チェック!

雑記

こんにちは、セリオンです。
今回はプラチナム召喚の新キャラ「シードル」の性能をチェックしていきます。
私はアレクかキングダークがキャラ化されるのかなぁと思っていたので、シードルはちょっと意外でした。
どんな性能か楽しみですが、剣得意なのは間違いないでしょうw

 


得意武器はやっぱり剣。
パラメータはまず高ATKが光りますね!
非フェスだとリヴァイに並ぶ数値です。
HPやDEFも高く、SPD55も良い感じ。
パラメータは非フェスキャラの中で最凶クラスと言えそうですね。

 

では続いて魔ビリティを見ていきます。
まずはメイン魔ビ。
「冥王の間合い」
パーティのATK・DEF+15%
無難な効果ですね。
というかINT依存のボスってもう出てこないのかなぁ…。
私の記憶が確かなら今年のレイドボスは全員ATK依存ですw
年一回くらいはINTボスとも戦いたいですね。

次にサブ魔ビチェック。
①:自分が剣武器装備時、必殺技で与えるダメージ+55%
与ダメアップ魔ビキター!
条件が緩いのは助かりますが、数値はもう一声欲しかった印象です。
ちなみにリヴァイは+70%。
まぁひとまずアタッカー運用という道が見えてきましたね。
②:パーティに人型キャラが3体以上いる場合、パーティが必殺技で与えるダメージ+16%
味方与ダメアップ魔ビキター!
これでリヴァイは超えましたかw
こちらも条件は緩め、ファンキンパでも機能しそうです。
③:敵が2体以下の場合、ターン開始時、自分のATK・DEF+75%(1ターン)
強力な自己バフですね。
ボス戦の場合取り巻きを片付ければ、常時ATK・DEF+75%です♪
逆に裏面や防衛戦では扱いづらいので、全体アタッカーではなくボス戦用の単体アタッカーとして使いたいですね。

 

魔ビ群は攻撃的、さらに物理防御も盤石。
リヴァイは短期戦向けでしたがシードルは短期戦も中~長期戦も問題なさそうです。
では続いて固有技を見ていきましょう。

みゅっ!?
なんか面白そうな技が有りますね。
「神討滅却」は与ダメアップバフですか!
これまで与ダメアップは魔ビが基本でしたが、遂に技にも進出してきました。。
単体与ダメ+45%は普通に強力。
ただ、対象が自身に限られるので、他のアタッカーに付与できない点は注意ですね。
なおこの技は効果アップや延長不可との事。

効果アップはクリチェフスコイのサブ魔ビ②が代表例、延長は新キャラのペタがバフ延長技を扱えますね。
どちらも不可能なので、併用の際は気を付けましょう。


ちなみに剣の単体技は画像の3つ。
あとはS技も習得するのかな?
続きが気になってきましたw

 

魔改造で習得する技はこちら。
「天壌斬滅」
敵単体 ATK 無属性 威力S 効果:攻撃対象がDEFデバフ状態の時、技威力+10% SP70
S技ですね。
追加効果も必ず発生させましょう。
攻撃パターンとしては「神討滅却」からのS技という動きが基本になりそうです。
与ダメアップてんこ盛りからのS技ドーンは楽しそう♪

 

習得魔法はこちら。

きれいにデバフが揃ってますね。
デバフ役としては魔ビがやや物足りない印象ですが、2軍・3軍のデバフ役なら務まりそう。
試闘の間を複数編成で臨む時なんかはデバフ役としての起用もできそうです。

 

専用武器はこちら。

ここでも与ダメアップですかw
とはいえATKは低いので、専用武器よりもランク40剣の方がダメージは稼げるでしょう。
サポーターとしてもアタッカーとしても残念ながらこの剣の使い道は無さそうです。
見た目を楽しみたい人向けですね。

 

 

では最後に総評です。
瞬間火力に長けた単体アタッカー、もしくは各種デバフ役、運用はこの2種類に絞れそうです。
それぞれどういった働きができるのか、もう少し深掘りしいていきましょう。

まずは単体アタッカー
魔ビで与ダメ+71%、さらに自己バフ技でも与ダメアップを盛れるのが長所です。
ただ、いくら与ダメアップを盛っても素のATKの方が重要なので、最近の超高火力フェスキャラにはダメージ面で劣るでしょう。
比較対象になりそうなのはリヴァイあたりでしょうか。

ん~でもリヴァイの方が良さそうですね。
リヴァイは魔改造による基礎パラメータボーナスが計120%とフェスキャラ並。
対してシードルは計100%止まりなので、このATK差が命運を分けそうです。

リヴァイは短期戦向けなので、中~長期戦でも使えるシードルの方が扱いやすそうなイメージですが、ここもちょっと微妙ですね。
例えば試闘の間なんかだと「神討滅却」→S技という動きよりも、S技を連発した方がトータルの与ダメは多いでしょう。
「神討滅却」で1ターン使うのが致命的です。
でも「神討滅却」を使わないとリヴァイを上回れない。
となると試闘の間でもリヴァイの方がお勧めになりそうですね…。

単体アタッカーとして使う場合、活躍が見込めるコンテンツはやはりレイドになりそうです。
2ターンクリア前提なら「神討滅却」→S技ドーン。
3ターン前提なら初手でDEFデバフを入れたり、取り巻きを片付けたりですね。
ちょっと「与ダメアップ盛り盛りパ」を組んでみましょうかw

全員味方与ダメアップ魔ビ持ち!w
合計+94%ですw
さらにシードルはサブ魔ビ①で+55%。
技Lv1の「神討滅却」で+45%。
これで与ダメ+194%ですね、スゴイ!w

ついつい数字に惑わされそうですが、評価としてはリヴァイ以下に落ち着きそうです。
そのあたりを判断材料にして育成するかどうか見極めましょう。
育成方針は改10、剣Lv50、ATKチートLv20のアタッカー仕様で問題なしですね。

 

次にデバフ役
ATK・DEF・SPDデバフ魔法を習得するので、試闘の間「羅刹」ボスやレイドLv2万ボスといった強力なボス相手に刺さりますね。
特に試闘の間でATK依存ボスと対する際は3種類の魔法が全て有効なので大忙しになりそうw

ただ、他のサポート性能で光るのはサブ魔ビ②の味方与ダメアップ魔ビくらいなので、一線級のサポーターと比べると見劣りしますね。
2軍サポーターとしてスタンバイしてもらい、出番が来たら出撃させましょう。
育成は改ゼロor改5、杖Lv40、チートはお好みで。
魔改造は出番が来る時まで保留です。


ん~、試闘の間だとやっぱりSP補助できないのがツラいですね。。
SPが足りないとアタッカーの武器錬金で補う事になりそうなので、火力も落ちてしまいます。
SPが潤沢なレイドの方が使いやすそうですね。
実戦ではデバフ連打!

 

といった感じで、アタッカーとしてもサポーターとしても1軍入りはちょっと難しそうです。
非フェスとしては強い部類に入りますが、リヴァイのような基礎パラボーナスだったり、炎帝のような追加攻撃の方が扱いやすくて優秀ですね。
インフレの波に乗っかって、もっとド派手な性能にしてほしかったです。

 

最後に初心者さんがシードルをお迎えできた場合について。
非フェスキャラの中では強い方なので、全体攻撃の手が足りてない場合はサロメと共に全体攻撃をしてコンテンツを進めていきましょう。

レベリングは進めて問題ありませんが、積極的な抜け殻投資やマナポ投資は非推奨。
今後シードルより強いキャラはジャンジャン実装されますし、入手機会も多いです。
愛着が有ってシードルを育てたいという場合は別ですが、そうでない場合は後悔しないよう慎重に考えたいですね。
今は1軍でも、少ししたら2軍落ちする可能性は高いです。
抜け殻やマナポは貴重なのでくれぐれも慎重にです!

 

以上、シードルの性能チェックでした。
最近のプラチナムは炎帝に水着ルーシーと強キャラ続きでしたが、ちょっと一休みといった印象ですね。
私は貯石期間なのでプラチナム召喚はパスです。

でも無料10連は回す!

本日の無料10連ドーン!

 

 

・・・

 

 

・・・7連目!

 

 

 

 

はいドーン!

 

 

 

 

 

\ディエスだーっ!/

未所持だったので普通に嬉しいです!!
ありがとう、無料10連先輩!!

 

 

いやぁ、久々の勝利です。
石と共に運も貯まっていたりして♪
無料10連先輩とは好相性が続いて嬉しい限りです!
ディエスはどうやって使おうかなぁ~。

それではこのへんで(`・ω・´)ノ

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも読みやすい性能チェック記事ありがとうございます!
    持っていないキャラでも、持っていたら~の妄想が捗って楽しいです。
    キャラ一覧のキャラ紹介ページからも、
    性能チェック記事のリンクがあると嬉しいなと思っています(*´ω`*)

    • セリオン より:

      コメントありがとうございます!
      仰る通り、私も書きながら妄想を楽しんでますw
      リクエストの件ですが、性能チェック記事は執筆当時の環境における評価なのに対して、紹介ページの方はあくまでデータ重視、寸評は半年後や1年後に読んでも問題ない内容にしたいと心がけてます。
      その紹介ページから過去の性能チェック記事に飛ぶと評価やキャラ運用の整合性が取れなくなり、未来のご新規さんを混乱させてしまう可能性が有りそうなんですよね。。
      ちょっと考えさせてください<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました