最後にピュアシシリーとイヴァールの新データを各まとめ記事に反映させました、長らくのご愛顧ありがとうございましたー!

【ディスガイアRPG】暁美ほむら 性能チェック!

こんにちは、セリオンです。
フェス外伝キター!
ほむらきたー!
というわけで今回は新キャラ「暁美ほむら」の性能をチェックしていきます♪

 


虚ろな瞳の奥に彼女は何を望むのか。
原作ではほむらが抱えるあまりに重い苦悩や葛藤を共有できた瞬間から、今度はほむらを主人公として捉えてしまう、そんな不思議な感覚を味わいました。
そして感動のラストへ…。
コラボのおかげで良い作品に出会えました(泣)
時間ができたら劇場版も観ようと思います!

そんなほむらの得意武器は銃。
パラメータは超高ATK、いわゆるATK1500万族ですね!
遂に本格的な銃アタッカーが生まれるのか?!
あとはRESが高めで他は普通、アタッカーっぽい数値です。

 

では続いて魔ビリティを見ていきましょう。
まずはメイン魔ビ。
「ほむらの決意」
パーティのATK・RES+18%
普通!
もうこのあたりは一言で片付けちゃいますw

次にサブ魔ビチェック。
①:戦闘開始時、自分のATK・DEF+20% 徐々に効果が上昇(1ターン+20%、上限60%)
徐々に強くなるデスゼット互換ですね。
低DEFを補えるのは嬉しい反面で上限が60%までと、デスゼットと比べると控えめ。
最近は魔法ボスも来てますし、DEF不要のバトルもあります。
アタッカーならATKだけに絞ってもっと上限を上げて欲しかったなと個人的には感じますね。
②:自分が銃武器装備時、必殺技で与えるダメージ+60%
与ダメアップ魔ビキター!
銃縛りなので、ほむらの武器は銃で決まりですね。
銃は低ATK・低CRD、そして高CRT。
一撃の威力は低めなので、そこをどうカバーできるかが鍵になりそうです。
③:パーティに得意武器種が[銃・弓]のキャラが2体以上いる場合、ターン開始時、自分のSP+15
対象は自身だけですが、SP補助量は最高峰!
条件も緩めなので、絶対に発動させたい魔ビと言えるでしょう。
銃か弓得意キャラをあと1人編成するだけで条件クリアですね。
優秀なサポーターである天使長まどかはもちろん、サファイア等ずっと出番に恵まれなかった銃サポーターを使ってみるのも面白そうです。

 

魔ビ群は攻撃的で優秀。
ATK自己バフ・与ダメアップ・SP自己補助、この3点が揃ってるので安心感があります。
では続いて固有技を見ていきましょう。

炎の低SP全体技とS技ですね。
あとは銃技も有りますし、攻撃手段は充分揃いました。
炎アタッカーのライバルはメリオダス暴禍アデルあたりですか。
ビジュアルではほむらの圧勝!w

 

魔改造で習得する技はこちら。
「時間遡行」
範囲:自分 効果:[連発禁止]ゲージ+1000、CRT+100%(1T)、ATK・DEF+20%[味方全]、バフ半減[敵全] SP25
な、なな、なんだこりゃー!
1ターンじゃなくて「1T」になってるー!
これまでカタカナを半角にしたりと涙ぐましい努力を重ねてきたテキスト入力に革命が起こりました。
ターンを「T」に省略するなんて天才か…。

冗談はさておき技の内容を見ていきましょう。
まずこの技はバフ技なので、攻撃はしませんよと。
自身にCRT+100%バフ(1T)そして味方全体にATK・DEFバフ、さらに敵全員のバフを半減という効果ですね。
ゲージ+1000なので、この技を撃ったらすぐに連続行動が可能、この技からS技というコンボを決めましょう。
ただし連発禁止なので、この技を連発して敵バフを消し去るといった事は不可能ですねw
副効果がもう1点。
ほむらのSP回復量はデフォルトの10に加えてサブ魔ビ③も合わせると25です。
この技のLvを上げて消費SPが少しでも下がるならSP回復という副効果も生まれますね♪
盛りだくさんだー。

一番の衝撃はやはりCRT+100%、つまりは「確定クリ」です。
ついに単独で確定クリを達成するキャラが出てきましたか……。
ディスガイア本家は確定クリが普通の世界なので、いつかRPG版でもこういう事が起きると思っていました。
でもコラボキャラが第一号になるとは予想外でしたw
クリティカルを確定で出せるという事は「運ゲーからの卒業」が叶うという事ですね。
ただ、この技には弊害も有りそうなので、そのあたりは後述します。
何にせよこの技はほむらの代名詞のような技と言えるでしょう。

 

習得魔法はこちら。

サポート性能はほぼ無いので、魔法を使う機会は少ないでしょう。

 

専用装備はこちら。

武器ではなく防具ですね。
効果は毎ターンゲージ+75と優秀。
ただ、パラメータがDEFしか上がらないので、アタッカー向きではありません。
しょぼん!

 

 

では最後に総評です。
サービス開始から2年、ようやく強力な銃アタッカーが誕生したように思います。
しかも確定クリという強烈なおまけ付き。
運用は当然アタッカー1本で……と言いたい所ですが、一応サポーターの道も見えますね。
では両面を深掘りしていきましょう。

まずはサポーター
といっても優秀なのはATKバフくらいですがw
「時間遡行」からのメガブレハ、あとはメイン魔ビも合わせるとATK+93%まで盛れます。
これは昨日書いた「ATKバフ選手権」で5位に入る高水準!
他のサポート性能が低いのでサポート運用は非現実的ですが、ATK盛りだけは優秀という事だけでも一応覚えておきたいですね。

 

では本命のアタッカー
サブ魔ビ①の時点ではATK自己バフ量が控えめと書きましたが、「時間遡行」のATKバフも考慮すると充分なバフ量になってきますね。
高水準な与ダメアップとSP自己補助も備わり、さらに確定クリも付くので、ポテンシャルは最凶格と言えるでしょう。

残念なのは銃縛りという点ですね。
銃は物理武器の中で最弱、最もATKが低い武器です。
まぁでも、銃縛りが無かったら他のアタッカーの存在価値が失われそうなくらい強いスペックなので、そこは仕方ないでしょうかw
クリは確定してるんだし高CRDの斧を持たせても良いのではという意見もありそうですが、「与ダメxクリダメ=最終ダメージ」という計算上では両方をバランス良く上げる事が重要なので、サブ魔ビ②の与ダメ+60%を捨てると最終与ダメも著しく落ちてしまいます。
ここは割り切って銃を持たせましょう。
錬金はCRD、与ダメアップ系重視ですね。

ほむらの特長は単独確定クリなので、編成にCRTバッファーは不要
普段から物理パでCRTバッファーを使ってる方は注意しましょう。
ってまどかもCRTバッファーじゃないか!w

まさかこの2人が編成上噛み合わなくなるとは思いませんでした。。
まぁでもまどかは他にいろんなサポートが可能なので、原作ファンの方は全然併用しちゃってくださいませ!

あとは「時間遡行」の弊害についても見ていきましょう。

実戦ではS技の前にこの技を撃つのが基本になるでしょう。
つまり1回攻撃するのに2ターン消費するので、1ターンバフキャラとも噛み合わない点にまず注意です。
例えばペタ

バフ技が「CRT+10%、CRD+20%(1ターン)」なので、ペタのクリバフは「時間遡行」のターンで消えてしまい、その後のS技まで保てません。
CRDバフがS技に乗っからなくては意味が無いですね。。
1ターンバフ魔ビを持つキャラも多くいますし、酒場フロンの与ダメアップ魔ビなんかも1ターンです。
編成を組む際はサポーターのバフ継続ターン数をしっかり再確認しましょう!

また、1発撃つのに2ターン消費となるとバフ・デバフが早く消える事になります。
デバフが早く消えるのは大歓迎ですが、バフが消えてもらっては困りますね。
もう1つの弊害として、バフが早く消えるという点も注意したいです。
対策としてはバフ役のSPDを盛りまくり、ほむらが1回動く前になるべく複数回ATKバフを重ねるという動きが必須になります。
これができないと長期戦でバフ制限まで持っていくのは困難。
そういう意味では上級者向けのキャラと言えるでしょう。

最低でもこの2つの課題はクリアしたいですね。
他に考えられる弊害としては、S技を撃つのに事前準備が必要となると単純に指が疲れそうw
あとはクリが出るかどうかのワクワクは失われるので、もしかしたら作業感が生まれてくるかもしれませんね。
このあたりは体験してみないと分かりませんが。。

こんな感じで、「時間遡行」は強力な反面で落とし穴も有ります。
本格的な育成に入る前にまずは長期戦で実際に動かしてみて、バフが保てるかチェックしてみましょう。
バフ量の確認は

戦闘画面左上の「ステータス」から、リアルタイムで確認可能です。

 

アタッカーとしてはレイドよりも試闘で使いたいですね。
レイドは短期戦で一撃の火力が重要、たとえクリが出なくても手軽にリトライできるので、確定クリの恩恵は少ないでしょう。
逆に試闘は長期戦でリトライも面倒、確定クリならスコアも安定しそうです。
あれっ、でも……1発で2ターン消費となると試闘の行動可能回数が減るペースも早まってしまいますね…。
また弊害が出てきてしまいました。。

えーっと、試闘は2軍アタッカーとかが良さそうです。
試闘は残り行動可能回数がスコアに直結するので、パーティ1組でクリアできるようなトップ層の方からは敬遠されそう。
ただ、私のように複数編成での討伐を狙う場合は確定クリのおかげで削りの計算が立ちそうです。
SP周りが優秀なのでSP補助キャラを節約できるのも複数編成の上ではメリット。
炎弱点の試闘ボスにぶつけましょう!

育成はアタッカー運用なら改10。
銃Lv上げ、チートはATK全振りで。
サポーター選びは…やっぱり天使長になるでしょうか。

ATK・CRDバフ重視ですね。
バフ量だけでなく継続ターン数も重要なので、改めてになりますが各サポーターが使うバフの継続ターン数はしっかり確認してから編成を決めましょう。

 

最後に初心者さんがほむらを使う場合について。
まずは獲得おめでとうございます☆
コラボキャラの中では最も攻撃性能が高いので、最初からアタッカーとして使っていくのがお勧めです。
一番強い銃を持たせてガンガン攻撃していきましょ!

実戦は、アイテム界のような通常戦闘では低SP全体技でごり押し、ボス戦は「時間遡行」からのS技というのが基本の動きです。
最も注意したいのは先述したようにサポーター選び。
コラボキャラだと例えばマミのCRDバフが1ターン継続なので、S技を撃つ前に「時間遡行」のターンでこのCRDバフは消えてしまいます。

「時間遡行」からのS技コンボは2ターンかかる、だから1ターンバフは消えるという事をしっかり理解したいですね。


まどマギパは杏子メインアタッカー、ほむらはATKバフ兼サブアタッカーというのが一番扱いやすそうです。
これならまどかのCRTバフやマミのCRDバフが活かせますね。
とはいえ遊び方に正解はありませんし、もちろん強要もしません。
思い入れのあるキャラをアタッカーにするのも全然OKですし、そのために役割を変えたり編成を考えたり、育成を頑張ったりするのもこのゲームの面白い所です。
魔界ライフを存分に満喫してくださいませ♪

 

以上、暁美ほむらの性能チェックでした。
こうして深掘りするとゲージ+1000技の落とし穴がよく見えますね。
キリディアや聖女様で慣れていたつもりですが、今回の記事で改めて再認識できました。

それではこのへんで(`・ω・´)ノ

2 COMMENTS

匿名

外伝マギレコのようにメガネほむらでなく、クーほむの実装で嬉しいです。
原作ではまどかとどんどんすれ違っていったので、噛み合わないのは原作準拠ですかね。嬉しくないですが
まどかとほむらどちらを狙うべきか迷います

返信する
セリオン

コメントありがとうございます!
手持ちにもよりますが、その二択だとまどかの方がお勧めしやすいですね。
物理パにも魔法パにも入れますし、サポーターとしての汎用性が高めで扱いやすいです。
もちろん天使長x3とかお持ちでしたら話は別ですがw
逆にサポーターが充実していて炎アタッカーがいないとなったらほむら狙いですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。