最後にピュアシシリーとイヴァールの新データを各まとめ記事に反映させました、長らくのご愛顧ありがとうございましたー!

【ディスガイアRPG】ブラッディス 性能チェック!

こんにちは、セリオンです。
今回はキャラゲートの報酬キャラ「ブラッディス」の性能をチェックしていきます。
早速見ていきましょ!(`・ω・´)

 

得意武器は拳。
パラメータはSPDこそ低いものの他は高水準にまとまってます。
特にHPが高いので、守備面は優秀という印象ですね。
属性耐性も良い感じです。

 

続いて魔ビリティ見ていきましょう。
まずはメイン魔ビ。
「不動の意志」
攻撃を受けた時、自分のATK・DEF+20%(1ターン)
面白い効果ですね~。
試した所この効果は重複するので、例えば敵の攻撃を5回受けてから自分が攻撃する場合は、ATK+100%による強力な攻撃をお見舞いできます。
カウンタータイプと言えそうですね。
これなら低SPDも苦にならないですし、むしろ行動順が遅いほどこのメイン魔ビを活かしやすいと言えるでしょう。
難点は攻撃を受けきれずに行動不能になるリスクが有るのと、あとは敵の攻撃を受ける時間が長くなるので高速周回には不向きな所です。
ボス戦や中ボス戦で上手に扱いたいですね。

続いてサブ魔ビです。
①:パーティの拳武器装備キャラが単体攻撃で与えるダメージ+15%
拳得意キャラは優秀な単体アタッカーが多いので、彼らのダメージを底上げできそうですね。
ますますボス戦向きな印象が強くなってきました。
②:ターン開始時、自分のHPとSPD以外全能力+7%(3ターン)
この効果も重複するので、3ターン目以降は+21%ループとなります。
守備面でも硬くなるのは嬉しいですし、カウンタータイプという本人の性能とも噛み合った効果と言えそうです。
最大効果まで3ターンを要するので長期戦向けですね。
③:パーティのベルト装備キャラのATK・DEF+13%
ベルトの効果をさらに高めてくれる嬉しい魔ビです♪
ブラッディスの場合はDEFアップも恩恵が大きいですね。

 

サブ魔ビはなかなか良い感じ♪
次は固有技を見てみましょー。

むむむっ。
低SPの全体攻撃技が有りますね!
となると役割は全体アタッカーになりそうですが、そうなるとサブ魔ビ①が噛み合いませんね。
まぁボス戦の場合だと全体攻撃の後に1体だけ残ったボスを単体攻撃で削る場面も有るので、そういう状況ならサブ魔ビ①も味方の与ダメアップという意味では有用ですが。。
なんかちょっと運用が難しくなった気がしますw

魔改造で習得する技がこちら。
「黄金闘衣」
敵単体 ATK 属性星 威力S 効果DEF+30% SP70
まともな単体攻撃技はこれくらいですか。
全体アタッカーかあるいは単体アタッカーか、しっかり決めてから運用したいですね。

習得魔法はこちら。

おおっ、良いですね~。
アマブレにマジックダウンですか。
デバッファーとして運用する場合は低SPDがネックになりますが、イノセント集めを頑張れば充分カバー可能です。
一応こっちの道も有るという事は記憶しておきましょ。

 

それでは最後に総評です。
ブラッディスは非常に高いポテンシャルを秘めた性能と言えるでしょう。
メイン魔ビが上手くハマれば高ダメージを期待できますし、敵からのターゲットを集められるような要素が実装されれば大化けしそうです。
と言うのもメイン魔ビの効果は重複しますし、自分のターンが回ってこない限りメイン魔ビの効果は消えません。
wave進行でも消えないし、効果を溜める事が可能という事ですね。
+100%どころか150%、200%も場合によっては見えそうです。
さらに味方のバフ・デバフを絡めてから魔改造技でも撃った日には魔界が消し飛ぶくらいの超威力になるでしょう。
もちろんその条件を整えるのが大変なのは言うまでもないですが、ロマンは有りますね。
なお効果を溜めようとしてターンを回さないようにするとサブ魔ビ②が活かせなくなります。
強いのはもちろんメイン魔ビの方なので、サブ魔ビ②の事は忘れましょう(・∀・)

他キャラとの比較も交えて運用を考えてみましょうか。
まずは同じカウンタータイプのレッドマグナス。

メイン魔ビは似ていますが、あちらは被ダメをコントロールして瀕死になる必要が有るのに対し、ブラッディスは被ダメを考えなくていいので手軽にATKを上げられますね。
極端な話ブラッディスは被ダメゼロの攻撃を受けてもATKアップです♪
まぁ得意武器も違うし併用する機会も無いとは思いますが、扱いやすさではブラッディスに軍配が上がりそうです。

拳パの全体アタッカーとして見ると狂子が比較対象になりそうです。

突き詰めれば火力はブラッディスの方が上でしょう。
ただ、現在主流の「先行して全体攻撃でまとめて倒す」スタイルに合うのは狂子の方ですね。
併用する際のシナジーは薄めなので、ブラッディスと狂子を並べるよりはラハールちゃん+狂子の方が使いやすそうです。
でもでも、狂子を持ってない、あるいは狂子を魔改造する余裕が無いという方はブラッディスの方が良さそうですね。
無課金プレイの私は改ゼロ狂子を育ててきましたが、これからはブラッディスを育てる事になりそうです。。
狂子は観賞用という事で。。

次に拳パの単体アタッカーとして見てみましょう。
比較対象はキリアやアデルあたりになるでしょうか。

両者とも威力Sの単体魔改造技を扱えますね。
全員フル魔改造で、ブラッディスのメイン魔ビを考慮しない場合はアデルが火力トップになりそうです。
でもブラッディスの無限の可能性はやっぱりロマンが有りますね。
条件を揃えた時の一撃の火力はブラッディスの方が高いでしょう。
扱いづらくても火力を求める場合はブラッディス、難しい事は考えたくないという場合は他キャラが良さそうですね。

最後に拳パのDEFデバッファー。
比較対象はアクターレですか。

両者とも「メガアーマーブレイク」を習得できますが、アクターレの方が高SPDで、習得も杖Lv22と早いので、手軽なのはアクターレの方ですね。
まぁデバフは重ねるほど強いので併用も良いでしょう。

こうして見ると代用キャラも多いので、需要が無ければ育てる必要は無さそうです。
私の場合だと狂子に変わって拳パの全体アタッカーを務めてもらうのが良いでしょうか。
まとめると
・ロマン砲
・狂子がいない、育てる余裕が無い場合は拳パの全体アタッカー候補
・ボス戦向け
・デバフも可能
こんな感じですね。

装備も役割によって変わってきそうです。
狂子の代わりに全体アタッカーとして使うならSPDを確保して先行したいですね。
デバッファーとして使う場合もSPD優先。
メイン魔ビによる高火力を狙う場合はSPDを捨てて守備に注力した方が良さそうです。
その場合は他の味方キャラもやられないように注意したいですね。
ラブオラクルのような守備・回復キャラを併用する手も有るでしょうか。
場面や役割に応じて臨機応変に対応しましょ!

 

以上、ブラッディスの性能チェックでした。
敵のターゲットをコントロールできるようになるともっと妄想が膨らむのですが、やはり技術的に難しいでしょうか。
とにかくブラッディスは面白そうな性能なので、余裕ができたら育てていきたいと思ってます。

それでは今日はこのへんで(`・ω・´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。