まどマギコラボがスタート!
スポンサーリンク

【ディスガイアRPG】ディエス 性能チェック!

雑記

こんにちは、セリオンです。
実はこのブログにはクリアした累計ミッションをひたすら記録している狂気じみたページが存在するのですが、昨日は200以上も一気に追加されて大変でしたw
私とトロフィー数を競いたいという方は見てみてください。。
そんな人いないか(・∀・)

 

さて今回は新キャラ「ディエス」の性能チェックです。
RPGオリジナルキャラとして追加された3人のうちの1人ですね。
では見ていきましょ!

 


得意武器は銃。
ガンナーとして紹介されていたので納得ですね。

パラメータはATK高め、SPDも高めで攻撃的。
逆に守備面はおぼつかない印象です。
まぁ銃は守備的なキャラも少ないし、先手必勝で倒す戦法なら問題ないですね。
耐久戦は他のパーティに任せましょ。

 

次に魔ビリティを見ていきます。
まずはメイン魔ビ。
「噂のガンスリンガー」
パーティの銃・弓・拳武器装備キャラが必殺技で与えるダメージ+15%
銃がディエス、弓はルーシーで拳はおにぎりちゃんという感じになるのでしょうか。
地球勇者のような同族強化系と勝手に認識しますw
技与ダメ+15%は文句なしですね♪

続いてサブ魔ビです。
①:自分が属性攻撃で与えるダメージ+60%
来た来たー、強力な与ダメアップ魔ビです!
これで属性攻撃を習得しなかったら昔のシシリーのようにいじられそうですが、さすがにそれは無いでしょうw
まぁでもこの魔ビの評価は習得技を見てからですね。
②:WAVE開始時、敵が2体以上の場合、自分の行動ゲージ+150
これはなかなかアツい!
条件こそ有るものの、ゲージ+150はかなりのアドバンテージとなりますね!
先制攻撃を仕掛けてくるキャラゲートの敵や、EXPゲートに生息する高SPDの魚相手に先行しやすくなります。
また、討伐戦のように極端な低SPD相手には2回攻撃しやすくなります。
場面によってはピンポイントで刺さる効果と言えるでしょう。
本人の素のSPDが高いのも好印象!
良いよ~ディエス良いよ!
③:ターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのSPD+20%(2ターン)
次キャラのSPDアップ魔ビですね。
行動順を狂わせる要因にもなるので、扱いづらい効果です。
本人の行動順を最後にすれば影響はさほど大きくないのでそうするか、あるいは改6で止めるのも一案になるでしょう。

 

魔ビ群は優秀ですね。
火力も速度も確保できて申し分ない感じです。
では次に固有技を見ていきましょう。

おおっ!
風属性の低SP全体攻撃です!
水と星は何人かいますが、炎と風はいなかったんですよねー。
これだけでなかなかの希少価値と言えるでしょう。

もう1つは水属性の単体攻撃。
どちらもサブ魔ビ①の属性攻撃与ダメアップとかっちり噛み合ってますね♪
うんうん、良い感じです。

魔改造で習得する技はこちら。
「アウトローショット」
敵単体 ATK 属性炎 威力S 効果ATK+30% SP70
こっちは炎ですか!
属性のスペシャリストですねここまで来ると。
シシリーもこうなって欲しかったですw

習得魔法はこちら。

ちょっw
魔法も素晴らしいのですが!
バフ2種にデバフ1種ですか。
そうなんですよ、そもそも物理キャラに「ファイア」のような攻撃魔法を習得させても使う機会が無いので、だったらこういったバフ・デバフで埋めてくれた方がまだ良いですよね。
良いっ!ディエス良いっ!

 

それでは最後に総評です。
後発キャラが優秀なのはこういうゲームだと仕方ないのかもしれませんが、それにしても素晴らしいですね。
攻撃だけでも複数の役割をこなせるという意味では、非常に利便性の高いスペックと言えるでしょう。

では運用例を1つずつ見ていきましょうか。
まずは全体アタッカー
サブ魔ビ①+風の低SP全体攻撃だけで、メインストーリーやアイテム界等の通常戦闘はガシガシ進められるでしょう。
なお、汎用魔物キャラだと以下の敵が風耐性+50%以上なので、苦手と言えそうです。

でもでも、そういった相手には銃技の「散弾クラフト」(炎属性)で対応すれば問題ないですね。
全体攻撃は風と炎で使い分けるのが良いでしょう。

次に単体アタッカー
威力Bが水属性、威力Sが炎属性と、こちらも2属性を使い分ける事ができます。
開催中のレイドボス「マオXENO」にもしっかり刺さりますね。
水か炎耐性の低いボス戦ではボスアタッカーとして活躍できるでしょう。
全体・単体どちらで攻撃するにせよサブ魔ビ①+属性攻撃が本領なので、本格運用は改1前提と言えそうです。

次に速攻アタッカー
これはサブ魔ビ②を活かした運用なので改5前提です。
先述した先制攻撃を仕掛けてくるキャラゲートの敵に対しては、ディエスのSPDを盛りまくりつつさらにサブ魔ビ②のゲージバフが加われば、先行が可能でしょう。

全員生存ミッションを脅かす厄介な敵を安全に処理できるのは便利ですね。
また、鈍足相手に2回攻撃を狙う際もサブ魔ビ②は有用です。
私のように晴れ着ロザリンドを持ってなくてもディエスを育てておけば何とかなる場面は多そう。
高めのSPDに加えて強力な自己ゲージバフ、さらに火力も備わっているので、速攻アタッカーとしては非常に優秀な性能と言えますね。
1つ注意点を挙げると、速度調節はSPD順で行うものですが、ディエスの場合はSPD59+ゲージ150という計算で調節しないと他の味方より早く先行してしまいます。
例えば編成内をSPD62で統一してディエスを一番右にセットしても、いざバトルが始まったらディエスから動き出してしまうという事ですね。
改5にすると一気に速攻キャラになるので、魔改造は仕様をしっかり理解した上で計画的に行いましょ。

あとはバフ・デバフ魔法を活かしたサポート役も可能ですが、代用キャラは多いのでディエスに任せる必要も無いでしょう。
遠い将来、アタッカーとしての活躍が難しくなってからでも転身先が有るという意味では育成しておいて損のない性能と言えそうです。

どういった運用をするかは手持ち次第なのでお好みで。
ちなみに私の場合だと速攻アタッカーで使いたいですね。
キャラゲートの先制攻撃には毎回苦しめられているので、ディエスで先に倒せれば難易度はかなり下がる事でしょう。
これだけでも超欲しいですw

 

最後にサブ魔ビ③についても触れておきましょう。
効果はこちら。
「ターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのSPD+20%(2ターン)」
次キャラのSPDを上げる効果ですね。
場合によっては行動順が狂うので注意が必要です。

影響を最小限に抑える使い方としては、ディエスの行動順をラストに下げるのがお勧めですね。
例えばこんな編成。

(行動順は左から)
これなら元々最速だったロザリーのSPDが上がった所で、影響はほぼ無いでしょう。
この時注意したいのはSPD順でディエスをラストに下げたつもりでも、サブ魔ビ②の自己ゲージバフが効いてしまい行動順が繰り上がってしまう事です。
素が高SPDで、さらにゲージバフを得たディエスをラストに持ってくるという速度調節自体がなかなか難儀ですね。。
ま、まぁそこは他のキャラに靴+SPDイノセントを複数着けて対応しましょう。

逆にこの魔ビを有効活用するとしたらこんな編成。

アイテム界周回ですね。
ディエスもサルバトーレも低SP全体攻撃技が有るものの、単独3連発は不可能です。
でもこの並びで2人のSPDが近ければ
wave1:ディエス全体ドーン!
wave2:サルバトーレ全体ドーン!
wave3:サルバトーレ全体ドーン!
という最速周回が実現できます。
手動操作でもわずか3タップですね♪

サブ魔ビ③はどちらかというと使いづらさの方が強く、速度調節まで絡むと今度はサブ魔ビ②まで煩わしさを感じるようになるかもしれません。
ディエスは
・どういった運用をするか
・どこまで魔改造を進めるか
この2点を事前に決めた上で育成を進めましょう。

 

以上、ディエスの性能チェックでした。
う~ん、強いですね~。
アサギなんて足元にも及びません。。
まぁアサギは可愛いから育てますが!

無償石で召喚勝負するなら50連単位で勝負したい所ですが、手持ちの石は4.500個ほど。
幸い召喚の開催期間は長めなので、石を貯めてる間に召喚勝負しようか考えたいと思います。
う~ん悩ましい。。
というか欲しい。。
う~ん…。

それでは今日はこのへんで(`・ω・´)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました